地球の肺アマゾンを守る「地球人一人 一本」植林運動 自然共生と一緒にあなたの木を植えませんか?

長坂 優 アマゾニア森林保護植林協会 会長 1940年愛知県岡崎市生まれ静岡県清水市育ち 1960年東京農業大学入学 1963~64年戦後初学生研修生として1年滞在 1965年農大卒と同時にアマゾン移住(パラゴミナス入植)1967年カスタール地区移住後ベレンで結婚 1968年サンタイザベル入植 1990年現アマゾニア森林保護植林協会会長1995年訪日 自然保護の草の根講演開始 2002年自然共生の森スタート
創始者の想い

人間は空気が無いと生きてはいけません。緑の空気を胸一杯に吸い、健康で健全な精神を持ち、平和な社会を保つために、私達は緑の大切さを再確認し、緑を育てる行動を起こす必要があると考えました。
その行動の一つが「地球人一人一本」植林活動です。アマゾニア森林保護植林協会では、メンバーである日系開拓者がアマゾンの自分の土地を提供し、苗床、定植。管理等、全ての業務を代行し、一本一本を大切に育てるお手伝いをします。一本の苗は小さくても、この一本が地球を救う酸素を生み、さらにアマゾンの森林を守る一本になります。

植林の木は切りません。命をかけて守っています。

長坂政二氏 植林を始めて、本当に維持する事の大変を実感しました。 植林の面積が広がり、同時に木を守るために草を刈り、大雨に流されて再植林したり、、。 アマゾンの大地には泣かされ通しです。しかし、お預かりした木は必ず守り抜きます!

「地球人一人一本」植林活動は、長男 長坂政二氏に引き継がれ、継続しています。


自分の酸素は自分の木から!!

アマゾニア森林保護植林協会では、人間と自然が共存共栄できる地球を目指しています。

アマゾニア森林保護植林協会は、アマゾンの現地で活躍する日系人が中心となって、人間の勝手な開発によって減少しつつあるアマゾンの熱帯雨林を救い、人間と自然が共存共生できるすばらしい地球を再生しようという目的で発足し、次のような活動を行います。

活動内容 1.地球人一人一本植林運動(オーナー制、植林団地造成) 2.自然林の保護保全及び、自然形態、植生、生理生体の研究 3.自然保護農法の研究及び、慣行焼畑農法を廃止し、空間利用混植立体農業指導 4.健全なる心身の育成を目的に、自給自足による自然生活を体験する心身の開拓村開設 5.未来の地球を背負う子供達の為に自然と親しみ動植物と遊ぶ自然学校開設

アマゾニア森林保護植林協会(自然共生の森)にご入会いただき、地球人一人一本植林運動にぜひご協力ください。

森林を愛し、森林を育て、森林を守るあなたの名前をアマゾンに残しましょう 自然共生の森 会員入会金 個人会員 一口 5,000円(通常10,000円) ※自然共生会員様の優待価格となります 入会申込方法

1.(株)自然共生の こちらのメールアドレス に下記、必要事項をご記入の上、件名を[自然共生の森 入会申込]とお書きの上、お送りください。(仮申込となります)
[メール記入内容]
◎なまえ(ふりがな) ◎住所 ◎電話番号 ◎口数( )口

2.メール到着後、1週間以内に、振り込み用紙をお届けいたします。

3.ご入金確認後、ご入会完了のご連絡をさせていただきます。
(本申込完了)

4.植樹後、会員の方全員に
植樹番号とお名前の入った写真をお送りします。

※ブラジルからの送付になりますので、時間のご猶予をお願いいたします。


ご不明点などのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-4781 FAX0120-444-377 (株)自然共生 自然共生の森 事務局 能瀬 ゆかり